シリーズ一覧

「ミューズの真髄」 文野紋

美大に落ちたあの日。‟特別な私”は、死んでしまったから。仕方ないのです。 ‟凡人”に成り下がった私は、母の決めた職場で、母の決めた服を着て、母が自慢できるような人と母が言う‟幸せ”を探すんです。 でも、だって、仕方ない、を繰り返しながら。